読書

Thumbnail of post image 146

食事の幸福がなかったら、人生はどれほど味気なくなるだろう。

小説、旅、身辺のよしなしごとを、繊細に、かろやかに描きとめた随想集。

江國さんの感性豊かで自由な(一方で不自由な)日常を綴ったエッセイ本。