読書

「この世界にアイは存在しません。」

入学式の翌日、数学教師は言った。
ひとりだけ、え、と声を出した。

ワイルド曽田アイ。
その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。