読書

Thumbnail of post image 043

町の嫌われ者リジーが顔をつぶされて殺された。

犯人は因縁のある人気インフルエンサーか行方不明の夫か。

衝撃の展開が読者を襲う。

ひさしぶりの早川書房さん。

ハヤカワミステリ、やっぱり読む ...

読書

Thumbnail of post image 184

時間を大切に思っているのに、時間をなかなか大切にできていない。

時間はまるで呼吸をするかのように、当たり前に過ぎていきます。

あまりにも自然なことなので、時間を常に意識して生きることはできないし、

...

読書

Thumbnail of post image 174

シリーズ累計26万部の大ヒット万葉集!

1300年前に奈良で生まれた万葉集を、現代の奈良弁で訳した本。第3弾!

第3巻は袋とじ付き。

え?袋とじ!?

「ウーバーイーツ」、「蛙化現象」・・ ...

読書

Thumbnail of post image 008

不思議な建築物にまつわる4つの物語。

廃墟は現代人の癒しの空間。

だが人が住んでいることが発覚し「偽装廃墟」が問題になり―

表題作ほか、ありそうでありえない建築物を舞台に繰り広げられる、不思議で切な ...

読書

Thumbnail of post image 148

家族全員で出かけるはずだった日帰りのさくらんぼ狩りツアーに、ふとしたことから父と二人で行くことになった桐子。
口数が少なく、「ただのお父さん」だったはずの父の、意外な顔を目にする(表題作)。

結婚を前に、元彼女との ...

読書

Thumbnail of post image 002

大学を中退し、夜の街で客引きのバイトをしている優斗。
ある日、バイト中にはなしかけてきた大阪弁の女は、中学時代に死んだはずの同級生の名を名乗った。
過去の記憶と目の前の女の話に戸惑う優斗はー「違う羽の鳥」  ...

読書

Thumbnail of post image 142

「本書は、本当日記です。少なくとも、五分の四くらいは、ほんとうです。ふつうに生活していても、けっこう妙なことが起こるものだなあと、読み返しながら、なつかしく思い出しました。」(あとがきより)

本書は、川上弘美さんが、雑誌『 ...

読書

Thumbnail of post image 060

真面目でしっかり者の沙也加は、丁寧な暮らしで生活を彩り、健康的な手料理で夫を支えていたある日、突然夫から離婚を切り出される。
理由を隠す夫の浮気を疑い、頻繁に夫が立ち寄る定食屋「雑」を偵察することに。

大雑把で濃い ...

絵本,読書

Thumbnail of post image 145

おいしいコーヒーのいれ方がよくわかる、世界でいちばんやさしいコーヒーの絵本。

全国に多くのファンを持つ人気焙煎所・アアルトコーヒーの庄野雄治さんが、コーヒーの基本から淹れ方まで、お話仕立てで楽しくわかりやすく教えます。

読書

Thumbnail of post image 188

何も喪わず、傷つかず生きている人なんていない―

色彩をなくした過去、記憶、日々に、あらためて向き合い、彩ってゆく希望の物語。

妻を喪い、少しずつ妻のことを忘れてしまっている自分に気付く夫(「指のたより」)、恩師 ...