『心に効く美容』


「メンタル強い」「ブレない」と思われがちなMEGUMIが、10年間さまざまな経験をし、あらゆる美容法を試した末にたどり着いた、「心に効く美容法」と「思考法」とは?

「私は皆さんが思うように強いわけではなく、用途に合わせていろいろなことをやって、何とか毎日やれてるだけなんです。」

読んだ人が、美肌と自己肯定感を両方手に入れて、少しでも毎日が明るくなるように。

頑張っている人に寄り添い、優しく背中を押す一冊。


はじめに、から、ぐさりと刺さりました。

『芸能界はご存知の通り、浮き沈みが激しいうえ、スーパー受け身の世界です。
受け身ということは、どんなに努力しても仕事がないときはないんです。
こんな環境に20年も居ると自分の感情が激しく乱れることが頻繁におき、その海から抜け出せなくなることが何度も何度もありました。』

仕事が無い時期のメンタルの浮き沈み、分かります・・・。

自分は必要のない人間なのだと、どこまでも堕ちていく―

MEGUMIさんレベルの方がそうなのだから、もうこれは、上手く付き合っていくしかないのだと思い知らされました。


『子育ては子供が親から離れて自立していくことが成功!だと分かってはいる。でも離れていくのが分かった瞬間に、もっとご飯を作ってあげたかった、もっと一緒に出かけたらよかった、というような後悔がたくさん出てきて想像以上に辛かった。(略)
年末に息子が一時帰国したときも、「カウントダウンは地元のお友達と迎えるからね!」と言われて、「はっ?私とじゃないの!?」と、元旦から失恋みたいな気持ちになりました(笑)』

息子くんを溺愛する、飾らないMEGUMIさんの様子にほっこり。

可愛いママ。


読んでみて、MEGUMIさんの書籍が、売れている訳が分かりました。

アナウンサーだとか、女優さんの、キラキラした美容本よりも、ぐっと近くて、親しみがある。

努力で美を手に入れたMEGUMIさんの、泥くさい失敗や葛藤、弱さが、丸裸で晒されているからこそ読者は感動し、勇気をもらえるのですね。

紹介されているサプリや化粧品は、どれも簡単に手の届くようなものではないけれど。

弱い自分を一度受け止めてあげてから、ケアをしていく。あるいは予防する。

そんな姿勢には共感しかなく、とても学びの多い一冊でした。


『日々が変われば人生はマジで変わります。
お互いにいろいろ大変ですが、頑張りましょーね!
応援しています!
フレーッフレーッ頑張る女性たちっ!!
ドタバタな日常から抜け、
自分を見つめ直す旅の電車から。
2024年4月
MEGUMI』

最後のページに思わず涙腺が緩みました。

応援されるって、幸せなこと。


「皆さんが思っているような強い人間ではない」って仰るけど、

自分は弱いと認められる人は、強い人以外の何者でもないと思うのでした。



この夏のTwinkle Liveのお知らせ🌟

①7/21 ベクラボ(つくば市)
https://twinkle-live.info/the-second-star


②ぼんたな(練馬区)
https://twinkle-live.info/the-third-star

ご予約お待ちしております🧸🌱


紋佳🐻

読書