読書

Thumbnail of post image 006

何も喪わず、傷つかず生きている人なんていない―

色彩をなくした過去、記憶、日々に、あらためて向き合い、彩ってゆく希望の物語。

妻を喪い、少しずつ妻のことを忘れてしまっている自分に気付く夫(「指のたより」)、恩師 ...