『このプリン、いま食べるか?ガマンするか?』


時間を大切に思っているのに、時間をなかなか大切にできていない。

時間はまるで呼吸をするかのように、当たり前に過ぎていきます。

あまりにも自然なことなので、時間を常に意識して生きることはできないし、

逆に意識しすぎると今度は時間に縛られて、息苦しさを感じてしまうこともあります。

時間は、なかなかやっかいな存在です。

そんなやっかいな時間を自分の手に取り戻し、人生を豊かにするためにどうしたらいいか。

それがこの本のテーマです。


話題の本。

『バナナの魅力を100文字で伝えてください』ぶりの、柿内さん。


タイトルから想像していたよりも、着地点は個人に委ねられた(選択と想像の余地が多分にある)内容でした。

自分なりに考えて、カスタマイズ・選択できる人にとても向いている、時間の価値を改めて考えるきっかけになる本。


『ポイントは、その時間に「自分でどういう意味をつけるか」です。
意味のつけ方次第で、「役割の時間」、「投資の時間」、「浪費の時間」を、「幸福の時間」にすることもできるのです。』

『スペシャルな毎日より、パーフェクトな1日を。』

幸せな人生にするために、時間をどうとらえ、どうコントロールするか。

全ての隙間時間を「活字」にあてることで、辛いことも、苦しいことも全てリセットしている自分のような人生パターンは、特殊なのだなと思わされました。

それよりも、もっと、「辛い・苦しい時間に対する解釈を変える」方が、健全なのだと。


それにしても柿内さん、プロフィールにも、本文にも度々、「某クラブのサポーター」であることが明示されているのですが、いったいどこのクラブだろうかと、

一サポの私にとって、そこが最大の興味ポイントなのでした。

(Xのプロフィールに載ってた!町田ゼルビアですって・・・。町田か〜ふぅん・・・←)



チケットご予約受付中です🌟

https://twinkle-live.info/the-second-star


紋佳🐻

読書