読書

傷ついた心を癒やしてくれたのは、おいしいごはんとおじいちゃんだった。

恋人に騙され、仕事もお金も居場所さえも失った25歳のエミリ。
15年ぶりに再会した祖父の家に逃げ込んだものの、寂れた田舎の海辺の暮らしに馴染めな ...