読書

Thumbnail of post image 012

ぽつり、ぽつりと描かれる場面が、少しずつ繋がっていく感覚は、舞台を見ているような感じがしました。

結局、どこまでが真実で、どこからがそうでないのかが、靄にかかった結末なところも。

『ミステリとは、トリックの奇抜 ...