読書

「えっ・・・これ、本当に近藤史恵さんの著書・・・?」

近藤さんの作品は数え切れないほど拝読してきましたが、過去、こんなにもこころに重く染み込んだ物語は初めてでした。

誤解を恐れずに言えば、早瀬耕さんの『未必のマ ...