読書

Thumbnail of post image 107

「助けてやれず、済まない…」
男は、幼い麒麟に思いを馳せながら黒い獣を捕らえた。
地の底で手にした沙包の鈴が助けになるとは。

天の加護がその命を繋いだ歳月、泰麒は数奇な運命を生き、李斎もまた、汚名を着せられ ...