読書

時は大正――。
事故がもとで母と右手の自由、父の期待を失い田舎に養生という名目で家を追われた青年・珠彦。

世の中の全てに嫌気がさし、引き籠もりの厭世家となり果てていた珠彦のもとに、夕月という少女がやってきた。