読書

時は大正──。
事故で右手の自由を失い、田舎で養生中の珠彦のもとに嫁として夕月がやってきた。
二人は共に生活する中で少しずつ距離を縮め、いつしか彼女を幸せにしたいと思い始めた珠彦。

夕月が友人に会うため一人 ...