『アイスクリン強し』


西洋菓子は開化の夢――。


明治の築地居留地近く、甘い香り漂う風琴屋(ふうきんや)。
今日もまた、お菓子目当ての若様たちが集って嵐が巻き起こる!

お江戸が東京へと変わり、ビスキット、アイスクリン、チヨコレイトなど西洋菓子が次々お目見え。

築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。

今日もまた、甘いお菓子目当てに元幕臣の警官たち「若様組」がやってきて、あれやこれやの騒動が……。


キュートな文明開化(スイーツ)物語。


怒涛の変化にあった明治の時代の景色が、活気あふれる描写で描かれていて、面白かったです。


『しゃばけ』シリーズでは和菓子が美味しく描かれているそうですが、こちらは洋菓子。

明治の時代ならではの音(アイスクリン、ワッフルス、シユウクリーム等)が、なんだか懐かしくてとても心地いいです。


前日譚である『若様組まいる』もぜひ読みたいと思います!


紋佳🐻