『ゆうきさぎのお品書き 6時20分の肉じゃが』


とても温かいきもちになれる本でした。

『ありがとう』や、

『許してあげる』、

『ごめんなさい』などなど、

手づくり料理に込められた数々の想いが、とてもやさしく描かれていて。


『ごはんをつくる』

ということが、

どれほど食べてくれる人のことを考える作業なのか、改めて感じました(*^^*)