『孤独な交響曲 ミステリー傑作選』


神保町の「がらくた市」で古びた茶碗を見つけた、御茶ノ水署・生活安全課の斉木と梢田。実は値の張る骨董品であることがわかったが、意外な事件を掘り起こすことになり……。

「欠けた古茶碗」(逢坂剛)

ミステリーの名手10人が競演するアンソロジーの開幕!

「欠けた古茶碗」――逢坂剛

「第四の殺意」――横山秀夫

「ヒーラー」――篠田節子

「死神の精度」――伊坂幸太郎

「思い出した……」――畠中恵

「偶然」――折原一

「転居先不明」――歌野晶午

「時うどん」――田中啓文

「胡鬼板心中」――小川勝己

「とむらい鉄道」――小貫風樹


横山秀夫さんの『第四の殺意』を拝読するために手にした一冊でしたが、他の錚々たる作家さんの作品にも、心が痺れ、震え、大変楽しみました。

特に小川勝己さんの『胡鬼板心中』は、じめじめとした日常の中で淡々と描かれる狂気が、私好みですっかり気に入りました。

小川勝己さん、今年チェックさせていただきます♡

#孤独な交響曲

#日本推理作家協会

#ミステリー傑作選

#逢坂剛

#横山秀夫

#篠田節子

#伊坂幸太郎

#畠中恵

#折原一

#歌野晶午

#田中啓文

#小川勝己

#小貫風樹


紋佳🐻